menu

カラダは究極の資本です。自身の身体とどう向き合いますか?

玉子は必ず食べよう!

玉子は栄養の宝庫です

 

ミネラル群・ビタミン群・タンパク質が良質で含有されている!

  このブログを見られている人は、昔から卵を食べることが珍しいことではなかったと思います。   日本では定番の食材で、当たり前に食べられていますので、食材として特別感はないのではないでしょうか。  

こんな卵ですが、実は物凄いパワーを兼ね備えているのです

 

◉良質のタンパク質が凄い!

タンパク質は、体の全ての構造を支えている栄養素であり、体は水とタンパク質が大半です。 (肌・毛・唾液・血液・リンパ液・血管・リンパ管・神経・臓器・骨・筋肉・脂肪などなど。) このタンパク質には種類があり、牛肉・豚肉・鶏肉・馬肉・(他ジビエ)のような、動物の筋肉に豊富にあるように考えられています。 他には、魚も有名ですね!   次に、これらが体内に吸収されなくては意味がありません。   つまり、吸収率です。   その次に、吸収後に体内で利用されるためには、各種栄養素(ミネラル・ビタミン・補酵素)が組み合わさることで遂にタンパク質が体内で利用されます。   ここまでのサイクルがある中で、吸収率と各種栄養素のバランスを兼ね備えている食材が    

卵 卵 卵 卵 卵 卵 ・・・・・玉子です。

  アレ??    

卵?玉子??これって違うの???

  漢字の違いには意味があります。 補足・・・卵→生物の卵  玉子→食用の鳥の卵 これが原則です(^^) その他に、調理前を→卵。調理後→玉子。 このような記載方法もあります。 これには必ずしも決まりはなく、業者により様々です。   本題に戻ります〜   玉子の種類で代表的なものは   ◉鶏 ◉ウズラ   ですよね!   実はウズラ玉子って小さいのに鶏の玉子と栄養価が近いのです!!   鶏卵が苦手な人は、ウズラでも良いですよ(⌒▽⌒)  

タマゴには、調理方法で吸収率が変わる!

  率直に言います!!  

半熟卵を食べるべし

  実は、生卵と茹で卵が同じくらいの吸収率で、100%ある中で30%吸収されます。   半熟卵は、100%ある中で80%吸収されます。   どうですかこの違い!!!   生活スタイルにより、色々な方法で召し上がると思います。   生でも、茹でても栄養価は摂取できておりますが、素材の栄養価を無駄なく摂取できる方法は「半熟卵」なのです。  

※注意点が2つ・・・

生卵の卵白にはアビジンという栄養素があります。 これは、炎症を抑えたり細菌感染を防いだりしてくれるのですが、食材の栄養素の吸収を阻害することもあります。   その食材とは、『納豆』です。卵黄だけだと問題ありませんが、非加熱の卵白とは相性が最悪です。   そして、食材にビオチン(ビタミンB7)が含まれている場合、吸収が阻害されてしまいます。   加熱した卵白では問題ありません。   もう一つ!

品質とアレルギーです。

  その卵がどのような環境で生まれたか。   餌に農薬。 運動させずにストレス環境下で産卵。 鶏舎の衛生環境。   最低でもこれくらいは知っておいた方が安全です。   卵には親鳥の置かれた環境がそのまま反映されますので、健康被害を及ぼす物質が含有されていることも否めません。   たまに旅行に行って食べるくらいの頻度の物はスルーしても良いですが、 毎日食べ続ける物には、注意した方が良いと私は思っております。(個人の自由です)   アレルギー専門医の中には、「卵アレルギーの子どもに、放飼で無農薬の餌でストレスフリーの環境で育った卵を食べさせるとアレルギー反応が出なかった」と言われることがあります。   卵アレルギーは、もしかしたら、別の物質に反応しているのかもしれませんね。  

ご注意ください。

  産地や、産卵方法を記載している場合もありますので、今までよりは 少しだけ でも心がけてみてください。   良い品質の玉子は価格も高価になります。 私生活の中で、気を配れる範囲内で取り組むことを、私はお勧めします。  

美しい筋肉のために、

美しいお肌のために、

美しい髪の毛のために、

いつまでも若々しい体作りのために、

子どもの健全な発育のために、

アスリートの疲労回復のために、

強靭な体を作るために、

  毎日3個を目安に、献立の必須アイテムとしてお使いください。   皆さん、食物繊維も必ず食べましょう♪( ´θ`)   と、いうことで次回は、食物繊維について書いていきまーす♬

いま抱える悩みをお聞かせ下さい。
あなたに合ったプランをご提供いたします。

お問い合わせ先 TEL:084-994-5437
MOBILE:090-7771-6626
メール:shige@arukubody.jp

PAGE TOP